クリーニング承ります


古いシミもあきらめる前に一度ご相談下さい

 

新しい汚れのものはお早めに

 

しばらく着ないお着物はタンスへ入れる前にお手入れを!

 

必要以上の作業は着物を傷める原因になると考えていますので

状態を拝見し、必要な作業のみをおすすめしています

 

◆状態に合わせたお手入れは コチラ

◆ご相談・お問い合わせは コチラ

◆作業料金については コチラ


洗い方 なにが違うの?


着物の洗い方ってよくわからないですよね

 

・クリーニング店と何が違うの?

・生き洗い 丸洗い 染み抜き・・・って何が違うの?

・洗い張りって何のためにするの?

 

3代目修行中のよーさんが

なんとかわかりやすいようにご説明してみたいと思います!

 

 


■丸洗い■

仕立上がり(着物の形)のまま、

大きな洗濯機のような機械で洗うのが「丸洗い」です

 

「丸洗い」と聞くと、

「全体を丸ごと洗ってすべての汚れが落ちる」とイメージされる方が多いようです

 

丸洗いは洋服で言うところのドライクリーニングのようなもの

水を使わずに一般的に石油系の溶剤で洗います

 

洗浄力はあまり強くなく

ホコリや塵などの全体的な汚れ(シミ以外)を落としますが

水溶性の汚れ・・・つまり「汗」の汚れは落ちにくいのです

 

「丸洗いして仕舞ったのに、黄色く変色してしまった!」なんて経験ありませんか?

 

「絹」は塩分に弱く、落ちなかった汗が年月を経て変色を起こしてしまうのです

 

季節ごとのお手入れや、

全体的に薄汚れてきたなぁ・・という時には「丸洗い」をしておくとより良いですね。

 


■しみ抜き■

仕立て上がり(着物の形)のまま

 

職人さんが手作業で汚れを落とすのが「しみ抜き」です

 

当店では着物をお召しになった後のお手入れには

先ず「しみ抜き」をおすすめしています

 

着物を着ていると、気付かないうちに結構「汗」をかいているものです

 

「汗シミ」や「食べこぼしのシミ」「古いシミ*」「ファンデーション汚れ」など

目に見える汚れなど職人さんの手により、水を使って一箇所づつ丁寧に汚れを落とします

 

※古いシミ、生地が傷んでいる場合は落とせない事もあります

そんな時には、お直しという方法もあります

 

「料金が一律じゃないのはなぜ?」

 

・大きくてもすぐに落ちる場合

・小さくても何度も日数をかけて落とす場合 ・・など

シミ、汚れにより手間のかかり方が違います

職人さんの手間により料金が変わってくるためなのです

 

また、何度もお召しになった後には、

「丸洗い」と「しみ抜き」両方のお手入れをしておくと、より安心です

 

 


■洗い張り■

 

着物をすべてほどいて洗うのが「洗い張り」です

 

一般的に水や洗剤を使って手作業で洗います

古いお着物や、お仕立て直しの際に行います

 

先ずは着物をほどきます

ほどいた着物はいくつかのパーツに分かれているので

縫い合わせ(ハヌイ)反物の状態にします

(お仕立て前の反物はそのまま洗い作業へ)

反物の状態できれいに洗い、

湯のし(スチームアイロンのようなイメージです)作業をして仕上げます

 

 

・着物の形のままでは落ちきれない縫製部分の汚れもきれいになる

・糸穴が目立たなくなる

・生地の目が整う

・手触りが良くなる

・くすみが取れ、本来の色に近づく

・水で洗うことにより、糸の穴が目立たなくなる

・スジ(折り目)を消す

・生地に張りが出る

 

などなど、洗い張りを行うと着物がよみがえります 

残念ながらすべてのお着物がよみがえるわけではありませんが・・・

 

もう古くて薄汚れてるし・・・と、あきらめる前に

ぜひ一度ご相談下さい♪