きもの/帯/帯揚/帯〆 クリーニング承ります

古いシミもあきらめる前に一度ご相談下さい

新しい汚れのものはお早めに

しばらく着ないお着物はタンスへ入れる前にお手入れを!

 

ご相談・お問い合わせはコチラ

■ちょっとまって! 汚してしまったら・・・■

ちょっとだけだから、タオルと水で・・・

ベンジンで落ちるかしら・・・

 

ちょっと待って下さい!

 

ご自分でお手入れして、汚れを広げたり、輪シミになってしまって

どうにもならなってからお持込になるお客様が多くいらっしゃいます

 

汚れが付いた時は

無理にとろうとせず、早めに職人さんにお願いするのが一番です

 

 

○ 対処法 × やってはいけないこと
 ■すぐにはじき落とす

 ■布に吸い取らせる
外出の際は、こんなときのために白のガーゼハンカチを持っておきましょう。

 

 ■絶対にこすらない

こすると汚れが落ちにくくなるばかりか、摩擦により、さらにダメージを受けてしまいます。


 ■濡れたおしぼりで拭かない
レストランなどのおしぼりは、薬品を含んでいることがあるので、変色の原因に。

 

 

洗い方って なにが違うの?

知っているようで知らない疑問!

 

・クリーニング店と何が違うの?

・しみ抜きと丸洗いってどう違うの?

・洗い張り・・・って?

 

ここでは「しみ抜き」 「丸洗い」 「洗い張り」 の違いを簡単にご説明します

 

 

■丸洗い■

仕立上がり(着物の形)のまま、大きな洗濯機のような機械で洗うのが「丸洗い」です

 

「丸洗い」と聞くと、

「全体を丸ごと洗ってすべての汚れが落ちる」とイメージしている方が多いと思います。

これは大変な誤解です

 

丸洗いは洋服で言うところのドライクリーニングのようなもの

水を使わずに一般的に石油系の溶剤で洗います。

洗浄力はあまり強くなく、

水溶性の汚れ・・・

つまり 「汗」 の汚れは落ちにくいのです。

 

「丸洗いして仕舞ったのに、黄色く変色してしまった!」なんて経験ありませんか?

 

「絹」は塩分に弱いので、丸洗いでは落ちなかった汗が変色を起こしてしまうからです。

ですので、当店では着物をお召しになった後には

先ず「しみ抜き」をおすすめしています

 

季節ごとのお手入れや、

全体的に薄汚れてきたなぁ・・という時には「丸洗い」をしておくとより良いですね。

 

■しみ抜き■

「仕立上がりのまま、職人さんが手作業で汚れを落とす」のが「しみ抜き」です

 

当店では着物をお召しになった後のお手入れには

先ず「しみ抜き」をおすすめしています。

 

着物を着ていると、気付かないうちに結構「汗」をかいているものです。

「汗シミ」や「食べこぼしのシミ」「古いシミ*」「ファンデーション汚れ」など

目に見える汚れなど職人さんの手により、水を使って一箇所づつ丁寧に汚れを落とします。

 

*古いシミ、生地が傷んでいる場合は落とせない事もあります。

そんな時には、お直しという方法もあります。

 

「料金が一律じゃないのはなぜ?」

 

・大きくてもすぐに落ちる場合

・小さくても何度も日数をかけて落とす場合 ・・など

シミ、汚れにより手間のかかり方が違います。

職人さんの手間により料金が変わってくるためなのです。

 

また、何度もお召しになった後には、

「丸洗い」と「しみ抜き」両方のお手入れをしておくと、より安心です。

 

 

 

■洗い張り■

古いシミや、取れなくなった汚れなどがあり、お直しする場合や、

仕立て直し(サイズ直し)などをする際に、


着物をすべてほどいて洗う方法が「洗い張り」です

※反物の状態に戻す

 

一般的に水や洗剤を使って手作業で洗います。

 

・水で洗うことにより、糸の穴が目立たなくなる

・「湯のし」というスチームアイロンかけのような作業により、生地のしわを伸ばす

上記の工程により糸目が均一になり、生地に張りが出ることで着物がよみがえります

 

おばあさまや、お母様がお召しになっていた

永い間タンスに眠っていた着物など、

洗い張りをしてあげると、きれいによみがえります

色も鮮やかになったりします


 

残念ながらすべてのお着物がよみがえるわけではありませんが・・・

もう古くて薄汚れてるし・・・と、あきらめる前に

ぜひ一度ご相談下さい!

 

■おしらせ■

 

2017.6.7~15

2017夏ミニ展

「夏の帯」開催します♪

 

※11(日)12(月)は定休日のため、お休みとなります

 

 

●HP編集中です。

少しづつ更新して参りますので今しばらくお待ちくださいませ♪

 

きものの店 原ぐち